法律を学んでいたって油断は禁物!

社労士試験の難易度についてはすでに他のページでご紹介した通りで、合格率は実に一桁台、決して容易に合格を掴みとれる試験ではありません。
「法律系の国家資格なら、やっぱり法律の知識は必要不可欠?」、社労士試験挑戦にあたってはこんな疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。
法律の条文には特有の読み解き方がありますし、全く法律を学んだことのない状態から学習をスタートさせるとなれば、これは相当に骨の折れる作業です。
そういった意味では、やはり「法学部出身者が有利」と言わざるを得ません。
 それでは、法学部出身者であれば簡単に社労士試験の難易度に対応できるというのでしょうか?
その答えは「NO」。
社労士試験は大学でしっかり法律を学んだからと言って、すんなり合格できるような資格試験ではないのです。
 確かに、憲法や民法といった基礎的な法律が試験に課されているのであれば、大学でそれらを習得した法学部出身者の方が有利であると言えましょう。
ですが、社労士試験で課されるのは労災保険法や厚生年金保険法等、数ある法律の中でもかなり特殊な部類のものばかり。
おそらく、大学でこうした法律を専攻するといったケースは稀なのではないでしょうか?
一方で、社労士の試験科目は概ね、これまでの社会経験と密接に関係しているものがほとんどであると言えます。
働く上での基礎となる労働基準法、失業保険に関わる雇用保険法、年金関連など、法律初学者であっても比較的なじみのあるトピックスが大半を占めます。
こうした状況から、法学部出身者であっても法律初学者であっても、社労士試験の難易度の感じられ方にさほど大きな差はないといえるのではないでしょうか。

 「自分は法学部出身ではないから」とすぐに諦めモードに入ってしまうのはやめましょう。また、「法学部を出たから安心」と思い込むのもやめましょう。
受験生であれば誰しも、学習スタート当初の状況に大きな差はないのです。


>>社労士試験なら実績抜群の通信講座フォーサイトへ