無謀ではなく、むしろ可能性大!

さて、前ページでのお話を踏まえれば、「社労士試験の難易度への挑戦は法既修者であっても初学者であっても大きな差異はない」と言っても過言ではありません。
しかしながら、初めて法律を学ぶ方であればどうしても「そんな難しい試験、やっぱり自分は合格出来ない」「初学からの挑戦なんて無謀」としり込みしてしまうもの。
社労士試験の難易度を考えれば、そうなってしまうのも無理はないでしょう。

 しかしながら、発想を転換してみれば、「法初学者だから社労士試験への挑戦がスムーズにいく」ということもあります。
他の法律を知らないまっさらな状態だからこそ、そして頭が“法律疲れ”していないフレッシュな状態だからこそ、学ぶ事柄が混乱なく、すっとインプットされていくのです。
生半可に法律を学んだ経験のある方の場合、どうも難しく考えてしまって上手くいかない、ということもあります。
例えば、法律を研究対象としていた方の場合、試験に出題される・されないに関わらず、様々な事柄にこだわりたくなるものです。
ですが、国家資格対策を進めていく上では、法既修者特有の“こだわり”がかえって合格を遠ざけることにもなりかねません。
社労士試験の難易度をクリアするためには、「出題されるポイント」を効率良く習得していくことが求められます。こうした“国家資格対策特有の学習スタイル”には、変に法律を学んだことのない方が適応しやすいのです。

 最近では「社会人の資格取得」がある種のブームになりつつあるので、社労士試験対策に限らず、幅広い国家資格対策を手軽に受講できるようになりました。
特に、初学者対象を講座とした講座のラインナップがぐんと拡大していますから、知識ゼロからの挑戦者にはまさに追い風であると言えるでしょう。

法律初学者であっても、過度に不安を感じることはありません。前向きにチャレンジしていきましょう!


>>社労士試験なら実績抜群の通信講座フォーサイトへ