社労士試験の難易度を下げるための方法

社労士, 難易度

社労士試験は難易度の高い資格試験です。そして、その高い難易度を少しでも下げるためには、勉強するよりほかありません。しかし、ただガムシャラに勉強すれば良いかと言えば、決してそういうわけではありません。社労士試験合格を目指す上でもっとも大切なことは、自分に合った勉強法で、勉強をすることです。そこで、このページでは、独学・通学・通信の、3つの勉強法の特徴について説明するとともに、それぞれの勉強法に合った受験生タイプをご紹介したいと思います。

●独学
「社労士試験の難易度を確実に知る方法」のページで、過去問を解いてみて「意外と解ける!」と感じたのであれば独学で受験勉強を始めても良いと述べましたが、正直に言いますと、社労士試験においては、独学はあまりおすすめできる勉強法ではありません。理由はいくつかありますが、そのひとつに、社労士試験が「狭く深く」型の試験だから、という理由があります。このタイプの試験の場合、独学だとどうしても匙加減がわからずに、深堀し過ぎてしまうことがままあります。各科目に足切り点が設定されている社労士試験においては、深堀することよりも、全科目を万遍なく学習することの方が大切です。独学をおすすめできる受験生タイプをあえて挙げるとするなら、全科目を万遍なく深堀することができるだけの時間を持った受験生(ex.長期的なスパンで合格を目指す人)ということになるでしょうか。

●通学・通信
最近では、通信講座もたいへん充実しているため、通学と何ら遜色のないサービスを受けることができます。もはや通学と通信の違いは、学校で勉強するか自宅で勉強するかの違いだけ、と言っても過言ではないかもしれません。ですので、おすすめの受験生タイプも、この学習場所の違いによって決まってきます。「周りにライバルがいた方が燃える」「強制されないと勉強ができない」といった受験生は、通学を選ぶべきでしょう。逆に、仕事が忙しかったり学校が遠かったりして「学校に通えない」「自分のペースで勉強したい」といった受験生には、通信がぴったりです。

以上、社労士試験の勉強法と、おすすめの受験生タイプについて簡単に述べましたが、適切な勉強法を選ぶことは、実は合格への最短ルートを選ぶことでもあります。それぞれのメリット・デメリットを検討しながら、自分に合った勉強法を選んでもらえればと思います。


>>社労士試験なら実績抜群の通信講座フォーサイトへ